cota3341’s blog

溢れる想い

おかえりなさい

f:id:cota3341:20170221141114j:plain

朝早くのドアフォンがなる

走り出した私

おかえりなさい

ずっと、ずっと待ってたよ

貴方の歌声に、メロディに包まれて幸せな時間、何度も何度も繰り返し聴いて

信じて、待ってて本当に良かった

…本当に良かった




ASKAℓσνє♡


Loveletter

貴方からのLoveletter

やっと、明日届く

首を長くして、待って、待って、待って

ようやく明日

綺麗なメロディにのって貴方の歌声が

明日から、貴方の歌声に包まれて

新たな幸せの日々がやってくる

貴方もみんなにLoveletterが届く日を待ちわびてたのでしょう?

明日から、みんな貴方の歌で幸せになれるのです

今まで、地獄のような日々

耐えきって、戦って、戻って来てくれてありがとう

みんなも、貴方への心配や、辛さが、貴方の歌で救われます

もう少しで、香しい花束のようなLoveletter

待ってて良かった



ASKAℓσνє♡

感想文

告白本と言うものを昨日初めて手にしました。

執筆者の事は信じた上での購入です。

でも初めての告白本、自身の被害、批判などが並んでいたら嫌だな…の不安がなかったわけではありませんでした。

読み始めて、どんどん惹き込まれて行くのがわかりました。

こんなに集中したのは久しぶりの事です。

読めば読む程、悔しかった日々、不安…そんな中での自身の変化、自身を鍛える事への変換、人の優しさに触れ、早く自由を取り戻し、ファンを安心させたい。早く歌を聴かせたい。そして本の執筆によって全てを知らせたい。

懸念していた、自身を擁護する批判などの言葉は一切ありませんでした。

一冊読み終えて思う事は、私は貴方のファンで良かった。貴方を信じ続けて良かった。本を読んで良かった。です。


感謝



ASKAℓσνє♡

インタビューに答える人達に。。。

結構、年齢のいったかたからのコメント

「この人ダメ、奥さんも子供も居て、今回でしょーダメよ」

。。。何がダメなの?

もし、自分の子供だったら?

ダメ!って言えるの?

1人の人間が、歌と言う仕事、ファンへのブログ、本の出版、CDの制作…を通して社会復帰しようとしているのに…

理解しろとか、本を読めとか言わないけど

はっきり言える自分?に酔ってるの?

あの年齢ならもう少し考えて話をして欲しい

ちょっと悲しい、残念な気がしました


もっと、人をいたわれる、応援や感謝の耐えない空気がたくさん増えますように


ASKAℓσνє♡


貴方の姿

久しぶりに貴方の姿

久しぶりに貴方の肉声

久しぶりに貴方の歌声

涙が止まらない

もちろん嬉し涙です

変わらない姿

変わらない声

しっかりとした約束

素敵です

素敵です

素敵です



貴方に感謝



ASKAℓσνє♡


1歩

貴方が1歩踏み出す

私も1歩ついて行く

貴方に付かず離れず

私は精一杯、追い風をおくる

貴方は振り向かないでいいから

ゆっくり1歩1歩踏みしめて

かならず、1歩1歩ついて行くから

向かい風があっても

背中押してあげるから

その先の風景を一緒に見たいから



ASKAℓσνє♡



手紙

貴方からの手紙

毎日の時もある

たまにの時もある

なかなか来ないと心配

たくさん来るのも心配

大丈夫

わかっている

貴方が裏切らない事

だから待ってられる

貴方から貰った安心、歌、メロディ、優しさ、手紙もだいぶたまりました

春ももうすぐです。

長かった、冬から解放されて羽ばたく時

光のシャワーにむかって

光の拍手を浴びて

いっぱい輝いて下さい。

ずっと

ずっと

応援してるから

ずっと

ずっと

光の拍手を贈るから

手紙、たまにでいいから待ってます。

永遠に変わらない愛をありがとう。


感謝


ASKAℓσνє♡